【まさかの妊娠発覚まで vol.1】ぽこりんダイアリー

| トラックバック(0)

記憶が新しいうちに、妊娠発覚した日の事を綴ってみようと思います。


9月あたま。長い長~い夏休みを終えて、やっと自分と向き合える時間がやって来る!まずは体リセットと、いつもお世話になっている鮎田先生のもとで久しぶりのファスティングと、ずっと通いたかったプライベートジム、それぞれに予約を入れて、準備を進めていました。


2つの本格スタートがあと数日と迫る中、実は気になっている事がありました。滅多に風邪を引かないわたしが、珍しく体調を崩していたのと、ほぼ遅れることのない生理が来ていなかったのです。


そして私、これは思い返せば毎度の事なのですが...不思議な直感が働くんですよね。


「な、なんか、今回(妊娠)怪しい気がする...


それを政治くんに話すと、まんざらでもなさそうに笑うのですが(この方は4人目欲しがってたので)


ファスティングこそ明日に迫っていて、


そもそもファスティングって、妊娠してたらやっていいものなのか。?


気になって、もしもに備えて鮎田先生に聞いてみたところ(正直に、生理が遅れていて、しかも変な予感がする、と告げましたw



妊娠中は出来ません、授乳中も同じくです、との事で、


じゃ、とりあえずはっきりさせちゃお~~!ま、多分ナイと思うけど~


そんな流れで、翌日、夫婦仲良く軽い気持ちで検査薬を買いに行ったのでした。ちょっとドキドキ楽しかったな。笑


購入後、政治くんは仕事で家を出てしまったので、わたしもすぐに調べる気はなかったのですが、


ま、ひとりでさっさと済ませるか。


思い立って、検査薬片手にトイレへと向かったのでした。


...vol.2へ続く

23167927_1490559667695605_2911294320505096218_n.jpg




トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kitu-tuki.com/mt/mt-tb.cgi/1490

PAGE TOP