2017年4月アーカイブ

世田谷をみんなでDIYしよう


金曜日の夕方、成城ホールにて開催されたイベントに参加しました。


「観客」から「プレイヤー」へ。世田谷から時代を変える!


世田谷区長 保坂さんと社会学者の宮台真司さんとの対談からスタートして、メインは120名程の出席者が興味ある項目ごとに幾つかのグループに分かれてディスカッション。より良い世田谷を目指してアイディアを出し合いました。


当たり前のようにこの街で暮らす毎日が、区長さん始め様々な方に支えられていること。そして「任せてブーたれる」から「引き受けて考える」という宮台さんの言葉然り、私たちもまたその「当事者」であること。


たくさんの気づきと共に、世田谷の街つくりに関心の高い方(学生から年配の方、様々な職業の方、鳥取や愛媛など遠方からも!)が、こんなにも多く集まったことに感激し、会場中に溢れるポジティブオーラを体いっぱい受け取ってホクホクと帰宅しました。


このフォーラム、また次回もあるそうです。そう聞いて、お誘いしたい世田谷仲間のお顔がたくさん浮かんでいます。みんなで世田谷をもっとステキに変えていきませんか?!そんな輪が、世田谷中にどんどん広がっていくといいなぁと思います。 


今回このイベントを教えてくださった近藤さん、ご一緒してくれたかなこさん、ありがとう!




18119214_1303171549767752_3135225924711394866_n.jpg
18118792_1303171583101082_832672149438621422_n.jpg
18057007_1303171619767745_2386241014811377271_n.jpg
18056956_1303171666434407_5954905425123380512_n.jpg
18056707_1303171709767736_9205628087606344240_n.jpg





母も日々成長してます

| トラックバック(0)
新年度始まって、早速保護者会ラッシュ。そして今週は遠足もあったりで、バタバタと忙しない毎日です。

とは言え、りねんもざいざいもクラス替えはなかったので、去年のこの時期に比べたらだいぶ緩やかに過ごせているのかなぁ〜と思います。


さて、こどもたちも学年を重ねて成長していくように、母もまた成長します。なんとワタクシ、今年度のりねんのクラスで、学級代表さんに立候補しちゃいました〜〜〜ッッ!

如何にして大変そうな役職を避けて通るか、そればかり考えて生きてきたこの私に、まさかこんな日がやって来るとは。自分が一番びっくりですが、一緒にやろう!と言ってくれたお友達や、サポートするよ〜と背中を押してくれたクラスママたち。そんな仲間が出来たからこそです。


保育園から同じ小学校に進学する子がひとりもいなくて、入学時はママ友ゼロ。それから2年くらいひっそりと孤独に過ごした私に、周りのお母さん方との距離をギュっと縮めるきっかけを作ってくれたのが、まさに去年りねんのクラスで代表をしてくれた二人のママさんたちでした。さりげない気遣いの数々、本当にありがたかったなぁ〜。

おかげで、子どもたちももちろん、保護者と先生も和気藹々と本当に仲良しな学級です。来年はクラス替えがあるので、このメンツでの最後の1年を目一杯楽しみたいと思います。

さ、まずは5月の親睦会の企画から。がんばるぞ〜〜〜



419-1.jpg








Tシャツに柄をデザインするkitutukiワークショップ、去年は沖縄と宮古島で開催をして、今年は福岡からのスタートでした。

ホームグラウンドから離れた土地でのワークショップは、準備も集客も正直不安なことがたくさんだったりするのですが、イベントに携わる福岡の皆さんのお力添えあって、今回も大盛況に終えることが出来ました。本当にありがとうございました!

ターナーさんから協賛してもらった布絵の具を自由に使って、自分の世界を生み出すこどもたち。スタンプを丁寧に押す子も居れば、筆でダイナミックに色を乗せる子が居たりと様々で、大人たちはそんなこどもたちの様子に目を輝かせておりました。みんな、この自由な創造力ずっとずっと大切にしてね。

作業が終わって、締めのファッションショー。おいおい、みんな説明聞いてるかーい?!って感じだったのに、本番音楽がかかるとみんな自信満々にウォーキングし出すから、あたしゃビックリしたよw 周りで見守るお父さんお母さんたちも笑顔いっぱいで、会場中に幸せな気持ちが溢れるステキな時間になりました。ご参加くださった皆さま、本当にありがとうございました。

そして、会が終わってもまだまだ盛りだくさんですよ〜。今回ターナーさんの粋な計らいで、参加してくれたこどもたちに布絵の具と筆のプレゼントが!(油谷さん、thanx!!!)kitutukiからは5月に発売になるシャンプ&リンスのサンプルと、オリジナル巾着をご用意しました。「ありがとうー!」って、みんなニコニコで持って帰ってくれて嬉しかったなぁ♡

今回はkitutukiから私一人参加でしたが、相方ダニーが相当羨ましがっていたので(夜の打ち上げ含めw)また福岡でWSできるように益々ブランド自体も盛り上げていこうって思いました。

イベントに誘ってくれた順司とさおりちゃん、会場でお世話になったスタッフの皆さん、そしてターナーの油谷さん、インターコスメ大塚さん、東京でお留守番してくれた家族、たくさんのみんなに感謝の気持ちでいっぱいです。



413-2.jpg
413-3.jpg
413-10.jpg




413-7.jpg




413-8.jpg





413-9.jpg





413-11.jpg






413-12.jpg
413^13.jpg












それ、完璧です!

| トラックバック(0)
47-1.jpg




メンノン風、出た!
週末開催のワークショップの参考になるかと、たまたま以前のWSで作ったTシャツを着ていた息子にちょっと一枚撮らせてもらったら、ポッケに手を突っ込む感じ、微妙に上がった顎の角度、アンニュイな表情、、、マジ完璧じゃね?!

kitutukiのルックブック撮影で発覚した、ざいざいのメンノン風キャラは今も健在でした^ ^


さて、日曜から1泊、福岡へ出張です!久しぶり過ぎてワクワク。ワークショップもおかげさまでほぼ定員に達しました。一番盛り上がると思われる人数を設定したので、埋まってよかった〜
でも、小さなお子様に当日キャンセルはつきもの、もしかしたら飛び入り参加OKかもしれないので、会場で会えるお友達、よかったら気軽に声かけてね。

それから私、福岡情報が乏しく、、、これは絶対見るべし!みたいなのがあったら是非教えてください。見て、聞いて、食べて、飲んで。全部楽しめるといいな!

ガツンと、刺激的な。

| トラックバック(0)
46-1.jpg


画伯、またすごいの描いてきた。

りねんの絵もすいちゅわんの絵も大好きだけど、ガツンと殴られるように衝撃的な絵を描くのが、我が息子ざいざい。小学校2年にもなると、人は人、見た色そのものを描写するようになりがちだけど、キミには一体この世界がどう映ってるのかと思う。彼の描く人物には必ず手が5本あって、なぜかと聞いたら指だった。

確か大学生の頃。ワタリウム美術館で海外の子供の絵を展示してる時があって、絶対観たい〜!と、足を運んだことがありました。もちろん結婚もしていなければ、出産もしていない私は、普段小さな子たちと関わる機会なんてほぼなかったけれど、形、色、すべてを自由に表現できる彼らの感性にとても興味があって、実際それは素晴らしい展示でした。こどもってスゴイなって感激して、同時に羨ましかった。その頃大学でデザインの勉強をしていたから余計に。


時は巡って、小さかった我が子たちが色んな絵を描くようになりました。わざわざ美術館に行かなくても、家の中にアートがたくさん転がっているのだからたまらない。あの頃の私に、いつか我が子の絵に感激する日が来ることを伝えてあげたいデス。



ま、ただ一つ付け加えたいのが、この絵の表題。

「パパとママがおさけのんでふらふらするかいり(←かえり)」

、、、絵に感動する前に、我が息子が親の行動をちゃ〜んと見ている事実について、政治くんと今一度話しをしようと思ったのでした。。。

気付いたら小学生チームの春休みも今日で終わり。

浜松にも帰省せず、東京で過ごした2週間ほどはあっという間に過ぎ去ってゆきました。

どこかを旅したり、特別な何かはなんもしてあげられなかったけれど、近所の公園に行ったり、家族で散歩したり、家でお絵かきしたり、折り紙折ったり。

普段と変わらない何でもない時間を毎日めいっぱい楽しんでくれて、母的にヒジョーに有り難かったワケです。

特別も良いけれど、何気ない日常にこそ楽しさが詰まってる。それは、いろんな場面で子どもたちから学ばせてもらうことで、今年の春も、改めてそう実感したのでした。



さて、そんな春休み最終日の今日は、わたしは朝からマフィオのお仕事。午後からお友達のお家に遊びにゆく予定だった我が子たちには、マフィオの残りを入れ込みつつお昼のお弁当を作って、お留守番をお願いしました。


マフィオ業を終えて家に戻ると こどもたちは既に出かけていて、

あれ?
ダイニングテーブルにお弁当箱がないことに気づく。。


どこだー、と見回すと、完食して空になった赤い器が、きちんと流しに置かれておりました。こういうさりげない気配りができるようになったのね、もう〜、そーゆーの嬉しいよぉ〜〜



明日からりねんは4年生、ざいざいは2年生。
また新しい一年、キミたちにとって素晴らしい日々でありますように。応援してるよ!


45-1.jpg

<お知らせ>

kitutuki、福岡にてTシャツに柄をデザインするワークショップを開催します!

4/9(日)13時より。

詳細はこちらをご覧ください。▶︎ 「PHOTO-TO


ただいま申し込み受付中^ ^ お席残りわずかです!



折り紙 折りまくり

| トラックバック(0)
80枚入りと20枚入りを買ったのに、翌朝もうナイからまた買って欲しいと言う。ウソでしょ?!と思って見てみると、ホントだ 残りわずか。

最近、りねんとざいざいの折り紙熱が半端ない。春休みに入って図書館によく行くようになって、そこで折り紙の本を見つけてから火がつき、暇を見つけてはとにかく折りまくってる。そして、その熱にもれなく私も巻き込まれ、メンコってやつをひたすら折るように命じられる。2枚の折り紙を組み合わせて作るんだけど、端を丁寧にピシっと折らないと きれいに仕上がらず、段々と、いかに完成度を上げるかに夢中になっていく、ワタシ。

単純作業だけど、無心になれるのがイイ。なんか、もっといろんなモノを折ってみたくなってきた!こうやって、さりげなくこどもたちの"好き"を共有していくのはなかなか楽しいです^ ^

ちなみに先日、今日も我が子たちは折り紙を折りまくってる旨をLINEで政治くんに伝えると、返ってきた答えに固まった、、、

「それはもう、折り神のイキだな」

あのー、山田くん呼びましょうか?!座布団3枚!

44-1.jpg




<お知らせ>

kitutuki、福岡にてTシャツに柄をデザインするワークショップを開催します!

4/9(日)13時より。

詳細はこちらをご覧ください。▶︎ 「PHOTO-TO


ただいま申し込み受付中です^ ^











告白

| トラックバック(0)
我が家にはテレビがありません。私も政治くんもテレビに興味がなく、ただ所有していなかったというシンプルな理由ですが、子どもたちも大きくなって、映画は観せたい!とプロジェクターを購入したのが数年前のこと。

学校がある日も、寝る時間までに余裕があれば映画タイム。クラシック系の定番からジブリなどのアニメ系まで、その日の気分でチョイスしては映像を楽しんでいます。

そんな中、先日こどもたちに観せたのが、中島哲也監督の「告白」。20代後半に出逢ってから結婚してもず〜っと、フラフラと気ままに過ごしてきた政治くんが、人生でたった2年間会社勤めをしたことがあって(その期間を私は「奇跡の2年」と呼んでいる。。)彼はそこで音楽制作の仕事をしていたのですが、まさにその時に音楽ディレクターとして携わった作品のひとつが、「告白」なのです。

当時はまだこどもたちも幼く、慣れない子育てに独りてんやわんやだった私は、仕事で帰宅が遅いのは仕方ないと分かっていながらも政治くんについ当たってしまったり、よく喧嘩もしていました...。が、ついに映画が完成して試写会で初めてその作品を目の当たりにした時、ただただ涙がこぼれた。こんなに素晴らしい仕事していたんだね、政治くん。

いつか、この作品を我が子たちと一緒に観る日がくるのかなぁ〜とぼんやり思っていたのが、その瞬間はこんなにもあっさりとやってきて、「これ、父ちゃんが音楽を担当したんだよ〜!」と鑑賞中に鼻息荒く何度も何度もしつこく言い聞かせる母。この曲もあの曲もホントかっこいいよね〜と、極め付けにエンドロールも巻き戻したりしてね。私には「平床政治」って文字がいつでも輝いて見えるのだけど、果たして子どもたちにはどう映ったのだろうか。



43-2.jpg

43-1.jpg


<お知らせ>

kitutuki、福岡にてTシャツに柄をデザインするワークショップを開催します!

4/9(日)13時より。

詳細はこちらをご覧ください。▶︎ 「PHOTO-TO


ただいま申し込み受付中です^ ^




気仙沼へ旅立った週末から、2週間も経ってしまいました。

今年も3月、ファミリーフォトプロジェクトのメンバーと共に、気仙沼にてイベントを開催しました。カメラマン広川泰士氏による家族撮影会、カメラマン熊谷直子広川智基戸取しおりによる撮影レクチャー会、私は震災後活動を共にしている染色家の横張亜樹ちゃんと、ohanaシュシュを作るワークショップ。

今年もたくさんの方に足をお運び頂きました。参加してくださった皆さま、かけがえのない時間をありがとうございました。


6年前の3月11日、たった600キロ程北の地であの時間を過ごした東北の皆さんとは、そこにいなかった私たちと、この先何年経っても経験を同じ感覚で分かち合うことはできないし、どんなに想像を巡らせても 決してあの現実に追いつくことはできない。

でも、ただただ、そんな東北の地と寄り添い続けたいと思う気持ちは、やっぱりこの先もずっと変わらないと思うのです。震災があったからこそ出逢えたみんなの存在や、その仲間と共に過ごす時間。自分にとって大切なものが年を追うごとに増えてゆき、生きるって何て素晴らしいと、心から感じさせてもらうばかりです。


イベント開催にあたり、メンバーの胃袋をがっちりと掴む愛情たっぷりのごはん、そしてあったかいお布団を提供してくださった菊田家、佐藤家のみなさま、今年も本当に本当にお世話になりました!


「気仙沼は夏がまたサイコーなのよ〜!」そう言われて去年絶対に行こうと決めていたのに叶わなかった夏の旅、今年は来てくださったお客さまにもたくさんオススメされたので、是非ぜひ家族で遊びにいきたいなって思います^ ^






IMG_7336.jpg




42-1.jpg


42-2.jpg




IMG_7316.jpg



KGDR4825.jpg



IMG_7289.jpg




QZQX6830.jpg
IMG_7333.jpg







IMG_7360.jpg




IMG_7368.jpg
JSQL5889.jpg

IMG_7389.jpg




IMG_7390.jpg



IMG_7391.jpg


IMG_7396.jpg



IMG_7402.jpg




42-5.jpg








<お知らせ>

kitutuki、福岡にてTシャツに柄をデザインするワークショップを開催します!

4/9(日)13時より。

詳細はこちらをご覧ください。▶︎ 「PHOTO-TO


ただいま申し込み受付中です^ ^











恵みの雨と、始まり。

| トラックバック(0)
しとしとと、冷たい雨の朝。

「この雨が土へと降り注ぎ 後に大きな恵みとなるように、わたしたちも新たなスタートを切りたいと思います」

新しい保育園の園長先生の言葉に、朝起きて 窓の外の雨に 少々気持ちが沈んだ自分にハっと...。

感じ方次第でとても前向きになれるなぁ〜と教えてもらった、ステキな始まりでした。


真新しい園舎に、どこかキンチョーした面持ちのこどもたち。すいちゅわーんは嬉しそうに小さなイスに腰掛けて、入園式で自分の名前が呼ばれると ハーイ!と元気にお返事もして、とりあえず初日は無事クリアしました。

さ、週が明けて月曜からが本格スタート。新年度、心機一転な気持ちの切り替えは割とスキです。

また一年、はりきっていきましょー!


41-1.jpg

<お知らせ>

kitutuki、福岡にてTシャツに柄をデザインするワークショップを開催します!

4/9(日)13時より。

詳細はこちらをご覧ください。▶︎ 「PHOTO-TO


ただいま申し込み受付中です^ ^








PAGE TOP