愛父(母)弁当。

| トラックバック(0)
昨日からお弁当が楽しみ過ぎて
何話してても、その話題に持ってくざいざい。

もはや"遠足"というより、"お弁当"が楽しみ、みたいな。



昨夜は(また)夫婦で遅くまで呑んでしまったけれど
二人してざいざいのお弁当のために早起き。

息子のリクエストを忠実に再現しました。


唐揚げ、卵焼き、タコさんウインナー、ふりかけご飯、など。


私は何作ろうかなぁと思ってキッチンに入るも
唐揚げと卵焼きはまず、プロ級に作り上げる旦那に任せるべきだし、

じゃ、ウインナーでも焼くかなぁと思ったら
「オレ切るから何本か出しといて」


旦那から、
ハイ、忙しいからどいてどいてー的な言葉が飛ぶ。


ってことは、、、
ご飯でも詰めるかーと思い
眠い目をこすりつつ 冷凍庫からご飯を取り出して温めようとすると

「せっかくだから炊きたてを入れてあげようよ」


土鍋を取り出して、ご飯を研ぎ始める。


え、、、
これから炊いたらチョー時間ギリギリですけど!


それでも炊きたてを入れてあげたい旦那は
唐あげ揚げたり卵焼いたりしながら、手早くご飯の準備。

す、すげーこの人。

私には全く持ち合わせていない彼の"母力の高さ"に
改めて感心させられた朝でした。





ご飯が炊きあがり、唐揚げが出来上がり、、

お弁当に入っていくメンバーが揃ってきたら
やっと私の出番。


大抵盛り付けは私なんですが
ってことは、もっと寝てて良かったんですかね、、、


albumtemp.JPG



無事、父と母、力を合わせて作り上げたお弁当が完成し、(父>母。)
ざいざいはニコニコ顔で学校へと向かいました。




きっと帰ってきたら
今日どんだけ楽しかったか、
朝以上にニコニコ顔で報告してくれるんだろうなぁ。



うん、楽しみ楽しみ♩

















トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kitu-tuki.com/mt/mt-tb.cgi/1417

PAGE TOP