3年目の、味噌仕込み

| トラックバック(0)

気付いたら、3月も終盤。

 

書きたいことがたくさんあるのに

時間だけがあっという間に流れていきます、、、

 

 

 

さて

今年もお味噌、無事仕込みました!

 

 

手づくりの魅力にハマって3年目。

 

初めての年は、

わたしが食の師匠と仰ぐ

お友達のカズの紹介で

 

流山にある無農薬農家「真澄屋さん」に出向き

家族みんなで味噌作りをしたのですが

 

 

去年も今年も

真澄屋さんの味噌仕込みの日と、ざいざいの保育園のお遊戯会の日程が

何故かバッティングしてしまい、、、(涙)

 

 

カズに我が家に来てもらって(しかも前日入りの泊まりで)の仕込みday、

2年目。

 

 

 

 

6-326-2.jpg

 

 

 

6-326-3.jpg

 

 

 

大豆と麹、塩は

真澄屋さんからお取り寄せしました。

 

 

大豆はぷっくり、

麹とお塩も 白がなんて美しいこと!

 

 

 

真澄屋さんで仕込んだ1年目は3キロ

家で仕込んだ去年が5キロ

 

そして、

今年はそれでも足りなくて、ついに7キロと

作る分量を順調に増やしている我が家。

 

 

なのですが、

さすがに家で7キロ仕込みのは

大変だね、と

 

作業途中に気付きました。。。

 

 

 

 

まず、7キロの大豆を一晩水に漬け込む過程で

水を含んだ大豆がパンパンに膨れ上がるのを見越して

どの容器に入れておくか、、、

 

 

ケータリングを始めたのをきっかけに

かなり大きめの鍋や琺瑯が増えたので

今年はなんとか凌げたけれど

 

その後

豆7キロをゆでるのも

だいぶシビれる作業でした、、、

 

 

一から作るって

とても大変なんだなぁ〜と改めて感じたのと同時に

 

手間をかけるからこそ

なおさら美味しいのだなぁーと。

 

 

 

 

 

6-326-1.jpg

 

 

 

 

女ふたりで黙々と。 +ざいざい。

 

 

 

家で別の仕事をしていたダンナに

いいね〜 昭和だね〜 とからかわれましたが

 

女ふたりで味噌仕込むのは

なかなか良いものでした♡

 

 

 

カズ、今年もありがとうね!

 

 

 

 

ちなみに、

 

味噌作りをきっかけに

毎朝欠かさず、手づくり味噌で作ったお味噌汁を

飲むようになったら

 

 

ビックリするほど

家族皆が風邪をひかなくなったんです。

 

 

 

最近読んだ

若杉ばあちゃんの本に"みそ汁は食べる点滴"とあったのが

本当に納得です。

 

 

 

毎年味に違いが出るのも楽しみのひとつ。

 

 

 

6-326-4.jpg

 

 

 

 

今食べている去年の味噌は

クセがなく、2年目にしてかなりのレベルで仕上がったと

ダンナと自画自賛したのですが

 

 

今年の味噌は

どんな味になるのかな?

 

 

解禁日が今から楽しみです。

 

 

 

 

♦♦♦ ♦♦♦ ♦♦♦ ♦♦♦ ♦♦♦ ♦♦♦

こちらも更新しています♩

 

♢asaco instagram 

♢kitutukiもinstagram始めました☆ Follow us!!!

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kitu-tuki.com/mt/mt-tb.cgi/1263

PAGE TOP