初めての味噌作り☆

| トラックバック(0)

先日、初めて味噌作りに挑戦してきました!

 

 

 

誘ってくれたのは

わたしの食の師匠、カズ。

 

 

 

無農薬の野菜を育てながら

自然食のお店「真澄屋」も手掛ける あちさんのお宅で

毎年味噌を仕込んでいるとの事で

 

 

今年は我が家も

家族みなで参加させてもらっちゃいました☆

 

 

 

 

 

 

しかし、到着したそのお宅を見てびっくり!

 

古〜い、昭和を感じさせる古民家に

(しかも部屋には練炭のこたつと薪ストーブが!)

 

畑のような広〜い庭が広がっていて

 

 

 

 

 

 

なんと!

そこに 鶏が走り回っている!!!!!

 

 

 

3-220-8.jpg

 

ビビリざいざいは

始終おびえて泣いていましたが・・・

 

 

 

異空間にタイムスリップしたかのような

ワクワク、

不思議な気持ちになりました☆

 

 

 

 

 

そして庭先にひょっこり現れた

初めましての あちさんと 奥さんのまささんが

 

「よくきたね〜」と笑顔で出迎えてくれて

 

 

味噌作り、いざスタート!

 

 

 

 

 

 

「さ、あさこさん、 よーく混ぜるのよ!」

 

 

まささんのひと言で

まず

麹とお塩を混ぜることから 始まります。

 

 

 

 

 

3-220-2.jpg

 

 

 

34歳にして 初めて触る麹。

 

 

 

味噌って 最初こんな状態なんだ!

正直かなりビックリ!

 

 

 

 

 

「買う」という行為が

いかに人を無知にさせるのか

 

自分にちょっぴり反省した瞬間でした、、、、

 

 

 

 

 

 

さて、

里稔も混ぜまぜ、お手伝いしてくれましたよ☆

 

 

 

 

3-220-1.jpg

 

 

 

なんか頭に色々くっついて 騒がしいことになってますが・・・

 

 

 

こういう経験は

小さい頃にたくさんさせてあげたいものです。

 

 

 

 

 

3-220-3.jpg

 

 

 

 

 

 

お次は

炊いた大豆をつぶす工程。

 

 

 

ちなみに、

大豆は庭でたき火しながら

大きな鍋でことこと煮ます。

 

 

 

 

 

3-220-6.jpg

 

 

 

 

3-220-5.jpg

 

 

 

 

 

 

茹で担当は

カズの旦那さんの おっくん。

 

 

 

 

 

 

 

3-222-2.jpg

 

 

 

 

3-222-1.jpg

 

 

 

 

 

茹であがった大豆を

機械に入れて潰します。

 

 

確かコレ、お餅つくる機械って言ってたな、

 

 

 

 

そこに麹と塩を混ぜたものを加えて

さらに 混ぜ混ぜ。

 

 

 

 

 

 

 

そうそう、

途中 去年の味噌をすこーし加えました。

 

 

 

 

 

3-220-9.jpg

 

 

 

そうすることで 

発酵しやすくなるそう!

 

 

 

 

 

そして あっという間に完成です☆

 

 

 

3-220-7.jpg

 

 

 

 

 

ま、完成とはいっても

これを1年くらい寝かせるそうですが。

 

 

 

 

最初ってこんなにも色薄いんだーって、、

私、この日は初めて知る事だらけ。

 

 

 

とっても良い勉強になりました!

 

 

 

 

 

 

 

それから、

こたつに入って みんなで雑談タイム。

 

 

あちさん まささんに加えて

味噌作りに来ていた方々

こどもたち

 

 

 

そして

快医学で患者さんの治療をしているという

はじめましての ふうこさん

 

 

 

年関係なく

みんな友達みたいにいろんな話しをして

 

 

 

その会話の中には

目からウロコな事がぎっしり詰まっていて。

 

 

 

 

「あさこと政治くん

 いつか絶対あちさんの家に連れていきたいんだー」

 

 

 

そう言ってくれていたカズの言葉の意味が

よーく分かった気がしました。

 

 

 

 

 

旦那どんは

Oリングという とっても不思議なテストを

ふうこさんにしてもらったり

 

 

やっぱり体には飲尿がいい(?!) って話しになったり

 

 

 

 

どれもこれも笑い話なんだけど

でも みんな根底に潜む思想がすごーくしっかりしてるので

 

どの話しも興味深過ぎて

驚きの連続でした。

 

 

 

 

 

 

 

里稔は途中

お庭も堪能していました。

 

 

わたしの田舎には

小学校に鶏小屋があったけれど

 

 

東京ライフを送る里稔どん

鶏をこんなに間近で見るって なかなか無いものね、、 

 

 

 

 

 

3-221-56.jpg

 

 

3-221-57.jpg

 

 

 

 

3-221-17.jpg

 

 

 

生みたてのタマゴを手に にっこり♡

 

 

 

 

きっと里稔にとっても

学ぶことがたくさんの1日だったに違いありません!

 

 

 

 

 

3-220-4.jpg

 

 

 

 

 

このお方は

鶏が近くにさえいなければご機嫌でした☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて

そんな濃い1日を

たっぷり堪能した帰りの車の中で

 

 

旦那さんがある話しをしてくれました。

 

 

 

 

みんなで雑談してる時に

何かの用事で外に出て行ったあちさん

 

 

色々と聞いてみたいことがあって

旦那は彼を追いかけていって

 

しばらく2人で話しをしたのだそうです。

 

 

 

 

その時にね

無農薬の野菜を作ることや

政治的なこと 

色んな話題に及んだそうなんですけど

 

 

 

 

「あちさんがさぁ、

 『日本人はもっと"菌"を鍛えなきゃダメなんだよな〜』

 って言ってたんだよ〜 

 その言葉すごくね??」

 

 

 

 

菌って空気中にたくさん存在していて

その菌を捕まえてどんどん強くしてあげれば

もっともっと発酵食品も作れる

 

 

そして今 

昔からの伝統的な農業も

どんどんどんどん廃れていっているそうで

 

あちさんはその事に非常に危機感を感じているらしいのです。

 

 

 

「オレの仕事は 昔からの素晴らしい農業を若いヤツらに伝えていくことだ。

 ホント、これからなんだよ、、」

 

 

 

 

そう語るあちさんは今年55歳!

この人、めちゃアツイぞ!! と思ったのだそうです。

 

 

 

 

 

カズは あちさんとまささんに出逢って

たくさんの世代を越えた友達ができた と言っていました。

(まさにその事がブログに書かれてます☆)

 

 

 

多分 今日みたいにこたつに集まって

みんなで他愛もない話しをする事から始まるんだろうなー

 

 

 

 

味噌作りだけでなく

日々の生活に とても大切な事をたくさん教えてもらった気がします。

 

 

 

 

 

この日買って帰ってきた

あちさんとまささんが作った 無農薬野菜。

 

 

後日お料理して頂いたのですが

その味の濃いこと! 

 

えぐみもなく まっすぐな味がして

本当においしかったです。

 

 

 

 

また遊びに行きます☆

 

 

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kitu-tuki.com/mt/mt-tb.cgi/788

PAGE TOP