"仙台市若林区 荒浜"

| トラックバック(0)

SENDAI KOFFEEでの

會田さんのライブを鑑賞した翌日、

 

 

 

會田さん、カメラマンの前原さん、

スタッフのみんなと一緒に

 

 

今回のライブのテーマでもあった

"仙台市若林区荒浜"へと向かいました。

 

 

 

 

 

 

2-1023-19.jpg

 

 

 

 

2-1023-16.jpg

 

 

 

 

 

津波で傾いた木。

 

 

その向こうに、

家の基礎だけが残った土地が

ずっと広がっていました。

 

 

 

 

 

 

 

2-1023-18.jpg

 

 

 

 

 

 

砂浜を走り抜けるダンプトラックたちは

海岸の再整備に駆り出されている車両のようで

 

 

人気のない海岸を 次々に駆け抜けていく様が

なんだかすごく異様だった、、、

 

 

 

 

 

 

 

2-1023-17.jpg

 

 

 

 

 

 

この地に幾度となく足を運んだ

會田さんと前原さん。

 

 

 

わたしも震災前の景色

見たかったなぁ〜〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

會田さんが感銘をうけた番組

『イナサ 風と向き合う集落の四季』 

 

 

 

そこに出演していた長老漁師の娘さんとも

実際にお会いすることができました。

 

 

 

 

 

 

2-1023-11.jpg

 

 

 

 

 

 

集落は跡形もなく津波で流され、

 

こちらの一家は残された土地に

こうやってプレハブの仮設倉庫を自前で建てて

漁業を少しづつ再開しているそうです。

 

 

 

 

 

 

 

2-1023-15.jpg

 

 

 

 

 

 

至る場所で目にした 黄色の旗は

この土地に戻りたい人が掲げているものだと聞きました。

 

 

 

 

 

今 この場所に住んでいた多くの方が

仮設住宅に身をよせています。

 

 

 

 

 

 

 

娘さんから色々とお話を聞かせて頂き、

 

 

東京へ戻る會田さんチームとは

ここでお別れ。

 

 

 

我が家はその後 気仙沼へと向かいました。

 

 

 

 

 

 

 

子どもたちを車に乗せている時

長老の娘さんが駆け寄ってきて、

 

 

 

「これ持ってってーー!」 と

 

 

 

 

2-1023-12.jpg

 

 

 

 

長期保存用パンの缶詰をいくつか手渡してくれた。

 

 

 

 

 「ちびちゃんいるなら、なおさら、

非常食はいくら持っててもイイんだから!」

 

 

と、その溢れる笑顔と

異次元の温かさに

 

 

ただただ恐縮と 感激の嵐でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kitu-tuki.com/mt/mt-tb.cgi/703

PAGE TOP