決めたこと

| トラックバック(0)

あれから1年。

 

 

ここ最近、今日という日を

どんな気持ちで

どんなふうにして迎えたらいいのか

 

 

色々と考えていたんですけど

結局  答えが出ないまま  朝を迎えました。

 

 

 

 

 

この1年

本当に長かったーー

 

 

 

 

震災当初は

地震や津波の被害のことで頭がいっぱいで

 

 

無知だったわたしは、その先に原発を見ることができなかった。

 

 

 

初めて知る現実に愕然とし、

ただ立ち尽くすことしか出来ませんでした。

 

 

 

 

それが少しづつ変わってきたのは

いつ頃からだったのでしょう。

 

 

 

 

 

旦那と何度も論議を交わし

そこから少しづつ、何かが動き出したのかもしれません。

 

 

 

まだ、

ほんの少しの通過点に過ぎませんが

 

 

 

一番近くにいる旦那さんと

価値観を共有できたこと、

 

 

 

わたしが一番心強く感じているのは

その事かもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

「東京に居ると、何もかもが普通に戻ってしまったような錯覚に陥るけど

 福島にはまだ厳しい現実がある」

 

 

 

数日前に聞いた

わたしの大切な人の言葉。

 

 

彼の実家は南相馬市で、その家族は今尚、自宅に戻る事は出来ず

小さなお子さんと共に避難生活を強いられています。 

 

 

 

家族のために、旦那さんだけが

仙台から福島の会社へ通う現実。

 

 

そして、その仙台の仮住まいも

3月いっぱいで退去しなければいけないそうです。

 

 

 

 

「心配だけど、おそらく引っ越し先は福島になると思います」

 

 

 

正直  言葉に詰まりました。

 

 

 

 

 

 

 

わたしがこの1年かけて

心に決めたこと、

 

 

 

声をあげること

 

 

 

何かを変えることを

人任せにしないこと

 

 

 

 

 

たったひとりでは

何にも敵わないけれど

 

 

隣には旦那さん、

そして同じように声をあげている仲間たち。

 

 

 

みんなで一丸となって向き合い続けたら、

きっと、何かが動くと信じています。

 

 

 

 

 

そして

いつまでもこの日を忘れないように。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2-311-1.jpg

 

 

 

 

 

 

今日は大好きな仲間たちと

たくさん笑った1日でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kitu-tuki.com/mt/mt-tb.cgi/530

PAGE TOP