渡って 踊って、、♪

| トラックバック(0)

徳島でわたしたちが寝泊まりしていた場所、

考えてみたらご紹介していませんでしたね。。

 

 

 

 

 

 

 

 

1-820-10.jpg

 

 

 

1-820-9.jpg

 

 

 

 

 

 

和歌山に続き

またまた"古民家"ですよ〜

 

 

 

 

アミの旦那さんのお仕事に完全に便乗してのことですが

こんな素晴らしい一軒家にお世話になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1-820-12.jpg

 

 

 

 

 

東京で暮らす我が子たちにとって、

 

こういう自然と隣り合わせの生活は

本当に貴重だなって思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな中

もっともっと山奥、

 

秘境と呼ばれる「祖谷」へ。

 

 

 

 

 

 

1-820-8.jpg

 

 

 

 

1-820-3.jpg

 

 

 

 

 

 

 

そこはまさに大自然!

緑の濃さがぐんと増して、その清々しさったら半端ない!

 

 

 

 

 

 

 

こんなに珍しいものも発見しました。

 

 

 

 

1-820-2.jpg

 

 

 

 

 

こちら、「野猿」と呼ばれる人力ロープウェイ。

 

 

 

もちろん

我が家もトライしてみましたよ〜

 

 

 

 

 

 

1-820-4.jpg

 

 

 

 

 

 

ひゃっほぉーーー!!!

 

 

ロープは旦那にお任せしていたけれど

半分過ぎた辺りから結構重そうだった。笑

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに

祖谷の一番の目玉は、

何と言っても「かづら橋」という巨大な吊り橋だそうで、、

 

 

 

 

 

 

 

1-820-1.jpg

 

 

 

 

 

 

↑ コレね、コレ。

 

 

 

 

 

写真だとイマイチ

その高さと、吊り橋のざっくり感が分かり辛いと思いますが 

 

 

本気で、本気で

めっちゃ怖いんですーーー!!!凹

 

 

 

 

 

以前アミ一家と一緒に吊り橋を渡ったことがあるんだけど

その時のわたしの尋常じゃない怖がりように

 

わざと今回

この吊り橋の存在を隠してたって言うじゃないのーーッ!

 

 

ちょっとぉーーー!!!(涙)

 

 

 

 

 

でもね、

わたしが怖がってたら里稔も怖がっちゃうって思って

 

「ママ大丈夫!」って

必死に自分を奮い立たせて

里稔と手をつないで渡りきった!!

 

 

片手塞がってて

恐怖で泣きたかったけどーーッ!!凹

 

 

 

 

そしたら

いつも臆病な里稔が

何故だかこの吊り橋にはハマってしまうという結末。。

 

 

 

「ママ、もう一回渡りたい〜〜!!!」

 

 

 

 

 

・・・・・

 

 

 

スイマセン、、

わたし、、

見学でもいいッスか??

 

 

 

 

というワケで、

 

一緒に行った仲間に里稔を託して

わたしはひとり、向かい側に先回り。

 

 

 

 

1-820-6.jpg

 

 

 

 

 

お、来た来た!

うわぁ〜里稔すごぉーい!!!(みんなもすご〜い!)

 

 

 

 

 

 

1-820-7.jpg

 

 

 

 

 

見よ、この笑顔☆

 

 

よかったね〜〜

渡りきれたことが、臆病里稔の自信に繋がったみたい!

 

 

 

「りねんこわくなかったよ〜 ママこわいの〜〜?」

 

 

 

 

 

ハイ、もう渡りたくありません・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、

夜はお楽しみのこちら。

 

 

 

 

 

1-820-13.jpg

  

 

 

  

 

本場で観る阿波踊りは格別!

 

 

 

 

わたしの地元浜松でも、年一回浜松祭りが開催されるのだけど

それに懸ける地元陣の熱気がたまらなくスキで、、

 

ここでも同じ情熱を感じました。

 

 

 

 

 

 

 

さぁ、

徳島を思う存分堪能した我が家。

翌日はスマアミ一家と共に、ついに島へと渡ります!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kitu-tuki.com/mt/mt-tb.cgi/346

PAGE TOP