理財、ハーフBirthday!

| トラックバック(0)

理財を出産して、ちょうど半年が経った今日。

今回は私の二人目のお産のお話を少しばかりしようと思います。

 

 

621-4.jpg

 

 

私が理財を出産したのは

アクア・バースハウス」という助産院。

 

上の娘、里稔の時は

和室分娩(フリースタイル出産)を希望していたものの

たまたまその日、和室が埋まっていたという理由で

分娩台での出産を余儀なくされ…

 

もちろんその出産も結果的には大満足だったのですが

二人目の妊娠が分かった時

「今度は始めから分娩台のないところで出産したい!」と

自然と行き着いたのが「助産院」という選択でした。

 

 

 

 

 

そもそも 

「出産って、それぞれ人によって産みやすい格好があるんだよ。」と

ある友達に言われたことが「自然に産む」ことへの興味の始まり。

 

出産=分娩台

今までそう思っていた私にとって、それは本当に衝撃の一言だったんです。

 

 

 

621-5.jpg

 

アクアバースは住宅街に佇む本当に普通の一軒家で

初めて伺った時なんて旦那と

「これ、助産院って言うか『家』だね。」って、、、

 

今までの産院の概念を覆されたと言うか…

とにかくド肝抜かれて帰って来たのを覚えています。

 

 

でも、いざ検診で通ってみると対応もとっても丁寧だし

何より、自分と助産士さんとの距離が本当に近い!

まるで親戚の家に遊びに来ているかのような

アットホームな雰囲気が本当に気に入ったのでした。

 

 

「この家の中だったらどこで産んでもいいのよーー!」

助産士さんにそう言われながら

最初は「水中出産」に興味があって、その希望を出していた私。

 

 

ところがーー、、、

実際には当日私のお産の進み具合がめちゃくちゃ早くって

お湯をためる時間がなく…(涙)

(助産院に到着して1時間弱の超スピード出産だったんです)

 

 

 

結果、旦那の立ち会いのもと

私は四つん這いになって理財を産み落としました。

 

 

途中、逆子運動みたいに腰を浮かせてみたり

お腹の赤ちゃんの位置を動かすために立って腰を振るように言われ(!)

痛みのあまり助産士さんにものすごい力で抱きついたり…

(床に這いつくばったりもしたなぁ。。。)

 

 

最後の最後は、痛みで気を失いそうになりながら

股の間から小さな我が子の頭が見えて必死にいきんで…

 

 

平成21年12月21日

しかも21時ジャスト!に

理財を出産したのでした。

 

 

 

 

里稔を産んだ時

「もうこんな痛い思いは絶対したくない!」

 

そう思ったはずが、

なんだか二人目こそ、もっともっと自然にまかせたお産を望み、、、

 

あの痛みは本当に壮絶なのだけど

「もう一回くらいいっかな。」って

怖いもの見たさの様な感情が沸いてしまうのは一体なんなのでしょうね。。。

ホント不思議。

 

 

 

 

今は色々と出産スタイルも選べる時代。

無痛分娩も普通に耳にするようになりましたが

 

私はもし次があったとしても(あるのか?!)

またアクアバースで産みたい!

 

そう思っています。

 

 

 

 

621-1.jpg

  

最近は寝返りコロコロと忙しい理財。

すくすくと元気に成長していて、母嬉しい限りです!   

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kitu-tuki.com/mt/mt-tb.cgi/40

PAGE TOP