2010年4月アーカイブ

できたよ〜

| トラックバック(0)

娘の里稔(2歳3ヶ月)は最近何でも自分でやりたがります。

出来ないと

「できない、できないーー!」

と大騒ぎするのですが、

これがまた良しと思って手伝おうもんなら

「だめーーーー!」と、、叱られてしまうのです。

 

そんな中でも特に苦戦していた「お着替え」

これが最近やっと!

一人で出来るようになってきたんです。

 

「ママ、でちた(出来た)〜〜〜!」

 

満面の笑みで得意そうに私に見せに来る姿が

可愛くて可愛くて。

 

初めてそれを目の当たりにした時なんかは

以前にも書きましたが、出産後すっかり涙もろくなった私は

思わずウルルと、、

涙しそうになってしまったのでした。

 

 

我が子が産まれて初めて何かが出来るようになる瞬間を

親として見届けられるって、この上ない幸せです。

 

 

osumasi.jpg

そうそう、カメラ目線も出来るようになりました(笑)

ちゃんとレンズをじーーーーっと見るから大したものだ。

 

 

そして4ヶ月を迎えた息子、理財は

 

warau.jpg

本当によく笑うBabyです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4ヶ月検診。

| トラックバック(0)

今日は息子くんの4ヶ月検診に行って来ました。

 

娘が今2歳3ヶ月なので、

約2年前、同じように小さな娘を抱えて

同じ場所に出向いたんだったなーと、、、

なんだかとても懐かしい気持ちになりました。

 

あの頃はまだ育児に全く慣れずにいて、

会場に行くのも途中娘が泣いたりしないか不安だらけで、

「こんな月齢で母と子を外へ連れ出すな!」なんて

そんな無茶な事を思って出かけたのを覚えています。

 

いざ会場に着いてみたら

「この人もあの人も、みーーーんな夜中の授乳してるのかぁ〜」と

(寝不足だったので敢えてそこ!)

仲間がたくさん居る事に少し救われたような気持ちになったり…

 

 

そんな中、配られた問診票に

「お母さんから見たお子さんの表情はどれですか?」

という項目があって、

 

満面の笑みの赤ちゃん、微笑む赤ちゃん、普通顔の赤ちゃん

泣きそうな赤ちゃん、大泣きしている赤ちゃん

 

5つの顔の中からどれか選ぶというものがあったのですが、

確か私、大泣きしている赤ちゃんに◯を付けていって

保健師さんに「お母さん大丈夫ですか?」

とすごく心配されたのでした…。。 

 

今日もやっぱり同じような項目があったけれど

迷わず満面の笑みの赤ちゃんに◯を付けて、

保健師さんとも始終笑顔で育児についてお話する事が出来ました。

 

 

たった2年の間に、

我が子たちのおかげで私もずいぶん成長したんだなぁーと

 

しみじみ…。。。

 

 

子供の居る生活って

妊娠するまでは全く想像もできなかったけれど

 

今となれば里稔と理財、

二人の居ない生活なんて考えられません!

 

issho.jpg

 

YEAH RIGHT!!

| トラックバック(0)

さて、

少し間が空いてしまいましたが前回の続き。

 

cokiticaのあと向かった展示会、

YEAH RIGHT!!」の様子をご紹介します!

 

otona.jpg

 

 

naka.jpg

 

一見雑多なこの空間に

キラリと光るデザイナーさんのセンス。

一点一点お洋服の表情が全然違って、

隅から隅まで本当に楽しく拝見させてもらいました。

 

 

yeah.jpg

 

 

kodomo.jpg

 

子供たちも喜んで着てくれそうな

可愛いモチーフたち。

 

tshirt.jpg

 

某ブランド名の入ったスカーフ地が目を引く

インパクト大なTシャツも!

個人的に、こういう遊びを効かせたモノがとっても好きです☆

 

botom.jpg

 

こちらのゆる〜い雰囲気もたまらない!

 

moyou.jpg

 

だって、カラフルなペンギンさん?!

ワタシはゆるキャラアイテムにもとっても弱いです。かわい〜☆

 

 

 

そんな訳で

一緒に行ったお友達と最後までキャッキャと楽しく見て回りました。

 

その間子供たちは

 

omocha.jpg

 

用意してもらっていたオモチャに夢中(笑)

こちらも、お子さまお持ちのデザイナーさんのご配慮ですねー、

有り難いです!

 

 

そして

会場内にある美味しそうなお菓子たちを目ざとく見つけては

好きなだけ口にする我が娘、里稔どん。。。

(いつもはそうはいかないわよーーー!)

 

itaru.jpg

 

帰りは久しぶりに会ったいたるクンに素敵にエスコートしてもらって、

とってもご満悦の様子でしたーーー。

 

ん〜、二人とも可愛いぞーーーー!!!

cokiticaへ、冬支度。

| トラックバック(0)

先日

私のブログでお馴染み「cokitica」の展示会へ行って来ました。

 

世間はやっと春めいて来たところですが

ファッション業界ではもう

秋冬コレクションが展開されています。

 

 

co.jpg

 

 

cokiticaの、まるでおとぎ話へ飛び込んだような世界観が

ワタシ本当に大好き☆

今回も可愛らしい空間が会場いっぱいに広がっていました。

 

ki.jpg

 

 

ippai.jpg

 

デザイナーのお二人にご了承頂き、

コレクションの様子、写真でパチリパチリと納めてきましたよーー。

 

ね?この感じ、

なんだかワクワクしませんか???

 

 

coat.jpg

 

こちらのコート、

写真のロング丈とショート丈(一つ前の写真の、一番左に写っている赤色のもの)と

2パターンあったのですが、

 

ロング丈は

歳と共にますます活発になる子供たちの事を考えて

思いっきり動いても脱げてしまわないように

 

そして袖の部分にはボアを入れずに

(写真で見えている手首部分より上の辺り)

重ね着をして厚くなってしまった袖まわりでも

自分で脱ぎ着しやすいようにデザインしたのだそうです。

 

一緒に行ったママ友と「へぇーーーーー!」と

思わず感嘆の声をあげたのは言うまでもありません!

 

今年4歳と5歳になる息子さんをそれぞれ持つ

デザイナーのおふたりだからこそ思いつくアイディア。

こういう気の利いた心遣い、

ママにとってはすごく嬉しいですよねー。

 

そんな訳で

私のお友達は息子くんにこちらをオーダーし、

里稔はサイズの関係もあってショート丈のコートをオーダー。

 

色は一緒にしたので、

保育園でペアルックとなりまーす☆

ウフフ、今年の冬が楽しみだなぁ〜。

 

 

kom.jpg

 

こちらはkiticaの小物たち。

私はちょっと大人めなワンピースと

小さなホワイト色したピンキーリングをオーダーしました☆

 

 

 

安くてお手頃と、

ファストファッションが未だ注目を集める中、

 

「少し値がはっても、いいものを作るブランドにやっぱり頑張って欲しい」

 

一緒に居た友人が言った言葉に私も共感。

そこに見える作り手のこだわりこそが

子供たちに安心して服を選んであげられる事へと繋がります。

 

 

 

byby.jpg

さて、この日はもう一件

子供服も展開するブランドの展示会へと足を運びました。

その様子はまた後ほど!

Milk編集部へ!

| トラックバック(0)

中里編集長のブログをご覧になられた方は

すでにご存知と思いますが、

昨日、ワタクシ

マネージャーと共にMilk編集部へ行って参りました。

 

私がしている「child at heart !」の活動について

今までに作ったママ通信や、我が子の成長をまとめた本など

実際お手にとって見て頂く事ができ

中里さん目線での貴重なご意見をたくさん聞く事が出来ました。

 

それだけでも大満足だったのに

家に帰るとマネージャーからメールが。

「中里さんがブログにアップして下さっていますよ」

 

!!!

 

それを見た私、

どれほど嬉しかったことか。

 

 

ーーーーーーーーーー

 

 

第二子を妊娠したときに

何か自分に身になる事を学びたくて

グラフィックの学校に通いました。

 

ちょうどその頃

私の周りに出産を終えてママになった友人が増えはじめ、

先輩ママとして、育児において色々と相談される機会が増えたんです。

 

とは言え、この私

一人目を産んでしばらくは何度も育児ノイローゼと言いますか…

精神的に参ってしまうことがありました。

 

だって育児って初めてのことばかりだし、説明書もないし

分からないことだらけでしょ?

 

まして周りにママ友も居なかった私。 

育児書やネットで答えを見い出そうとはするけれど

何の解決にもならず、悶々とした日々の中

本当に辛い時期を過ごしました。

 

 

そんなどん底にいた私を救ってくれたのが

あるママのリアルな声!!

 

 

育児書と何が違う?

全然違いました。

だってそれは本物だから。

実際のママの声は何よりも説得力があったんです。

 

 

 

その経験を思い出し、

私が今、母親目線で発信出来ることを新米ママたちに伝えていこう。

 

ちょうどグラフィックの技術も習得したところだし

チラシ感覚で何か作れるかも!

 

そう思って始めたのが「child at heart !」ママ通信です。

 

 

最初は友達に配る程度だったものも

おかげさまで少しづつ読者を増やしています。

今回で第4号目。

 

私のリアルな声を聞いて

少しでも心和むママが居てくれるのなら

そんなに嬉しい事はありません。

 

 

 

ーーーーーーー

 

 

こんなきっかけで始めた「child at heart !」

 

本当に小さなところから

たった一人でのスタートだったものが

 

Milkという

ママや子供たちに向けた雑誌に携わる中里さんに

こうして今回ご意見を頂けた事。

 

 

本当に本当に感激で

大袈裟と思うかもしれませんが

子供を産んでめっきり涙腺がゆる〜くなった私は

ちょいとウルっと…してしまいました。笑

 

 

子供が大きくなると共に

また新たな悩みで尽きないのが育児。

 

でも周りのみんなでそれを共有して

ママたちが子育てしやすい環境を作っていけたらいいなーって

心からそう思います。

 

 

 

そして最後に、、

 

もしこれを機に「child at heart !」を読んでみたいと思われた方がいらっしゃいましたら

是非ご連絡ください。

 

私の声をお届けします☆

 

 

tuusin.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

child_at_heart@hotmail.co.jp

 

 

 

 

 

 

かずに会いにいこう。

| トラックバック(0)

旦那不在の先週末

突然私の友人、かずに会いたくなって

首都高に飛び乗りました。

 

 

 

かずと出逢ったのはお互いが独身だった頃。

 

彼女はまだ子を産んでいないけれど

私が母になったその日から

育児でつまずきそうになる度に

いつも「大丈夫だよ」ってそっと声をかけてくれます。

 

 

そして我が子たちを

心の底から愛してくれています。

 

 

一人で子供たち二人抱えてのお出かけは

正直不安もあるのだけど、

 

かずに会いにいくのは

全然平気!!!

 

 

 

 

hutari.jpg

 

ふと窓の外に目をやると

何やら楽しそうにしゃがみ込む二人の姿。

 

 

かずが里稔にお花を摘んでくれていたようで

 

小さな黄色いお花を手に

目をキラキラさせながら戻ってきました。

 

 

里稔のあの笑顔

母、嬉しかったなぁ〜

 

 

 

densha.jpg

 

 

aruku.jpg

 

かず、 

こないだは素敵な週末をありがとう。

また近々遊びに行かせてね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世代をつなぐもの

| トラックバック(0)

 「おーてーらーのー おーしょーさんがぁー

 かーぼーちゃーのー たーねーを まーきーましたぁーーー」

 

里稔どん、

保育園で覚えてきたわらべ歌を

最近よくお家で歌っています。

 

 

うわぁーーー私もちっちゃい頃歌ってた!!

なつかしーーー!!!

 

そう思うのに

なんせうろ覚えなもので、、、

 

口ずさもうと思っても

私は大抵冒頭かサビの部分しか一緒に歌えません。

 

 

驚くのは私や旦那の母は

そんな折里稔と一緒に最後まで唄を歌いきるという事!!!

 

なぜだかメロディーも歌詞も

ほぼ完璧に覚えているんですよねーー。

 

恐るべし記憶力。

 

そして一緒にお唄を歌っている時の

母と里稔の嬉しそうなあの表情!

見ているこちらまで幸せな気持ちになります。

 

 

世代をつなぐわらべ歌。

 

これからも語り継がれて欲しい

素敵な日本の文化です。

 

 

 

さて、 

 

orange.jpg

 

こちらは 

先日友人に連れていってもらったカフェで

 

「昨日お客さんにいっぱいもらったから

 良かったら持っていってー!」

 

と渡されたオレンジたち。

 

わーー、ありがとうございます!

お言葉に甘えてたくさん頂いちゃいました。

 

 

「おすそわけ文化」

 

こちらも勿論私は大好きで

同様に大切にしたい文化のひとつです。

 

 

あやちゃん、

オレンジとっても甘くて美味しかったよ。

おすそわけ、どうもありがとーーー☆

 

 

 

 

ママ友いますか?

| トラックバック(0)

みなさんはママ友って居ますか?

 

私、本当に最近のことなんですけど

「ママ友」が出来始めたんです。

 

母になって2年以上経つって言うのに

なんだか遅いですよね…。

 

でも、上の娘を産んだ時は

私の友達周りにまだ子供を産んだコが居なくって

まさに私がママ第一号って感じだったんです。

 

その上

区が開催しているような

ママたちの集まりに参加した事もなかったし(「しようとしなかった」が正しい?)

いわばママ友出来なくて当たり前な環境の中に

ずーーーーっと閉じこもって居ました。

 

 

結果、育児において分からないことがあると

PCの前に座り込み

「キーワード→検索」

その繰り返し。

 

しかもそこに出てくる何が本当なのか…

調べれば調べるほど情報量だけが増えるばかりで

結局何も分からないまま悩んだりする事もとても多かったように思います。

 

 

そんな私が最近!

ママ友ライフを満喫しちゃってるんです☆

 

そのママ友とは

元々お友達で最近子供が出来たコだったり

あとは娘の保育園で出会ったママたちだったり。

 

子供と一緒にお家に遊びに行かせてもらったり

休日一緒に過ごしたり、、

 

そして今日なんて

親子みんなが集まって仲良くお花見ですよーーー!!!

きゃあ〜!楽しいーーーー!!

 

 

sakura3.jpg

 

ママ友の何が素敵かって、

やっぱり同じような環境に居るもの同士、

リアルな情報が交換できるってこと。

 

そして

授乳だったりオムツ替えだったり、、

普段なら人目が気になってしまう事も

その中では当たり前のように出来てしまう。

これもママにとってはかなり有り難いポイントなのです。

 

子供たちもみんなで楽しく遊べるしね。

 

 

「あ〜〜

 こんな風に家族がたくさん集まって

 ほのぼの過ごすって幸せだなぁ〜〜〜〜」

 

 

咲き誇る桜の木の下で

そんな事を思いながら

にんまりとほくそ笑む私なのでありました。

 

 

hitori.jpg

 

里稔も本当に楽しそうだったなぁ〜

 

hitori2.jpg

 

 

ちなみに今日の里稔、

cokiticaのワンピ&レギンスでコーディネイトしました。

 

cokiticaは以前にも少し書かせて頂きました

本当に大好きなブランドです。

 

ちょうど来週展示会に行く予定なので

また改めてこちらで紹介させて頂けたらなーと思っています。

 

 

そして

ママ友居ない歴が長かったからこそ始めた

「child at heart !」についても、

 

また近いうちに。

 

linen2.jpg

 

ね、里稔☆ 

 

ひとつひとつ丁寧に作られたものって

あったかくて優しくて、、

作り手さんの温もりが感じられてすごくスキ。

 

 

微妙に違う柄や形の中から

自分が一番しっくりくるものを探しだす瞬間もすごくスキで、

 

しかも

それが世界でたったひとつしかないんだと思うと

とっても贅沢な気持ちになります。

 

 

komono.jpg

 

そんな最近の戦利品。

 

ちょっといびつだったり不格好でも

それがまた可愛かったりするんです。

 

ちなみにお値段てきにも

高価なものはひとつもなくて

すべてとってもリーズナブルに手に入れましたよー。

 

 

 

 

 

手作業と言えば

最近旦那に、破れたデニムと共に

こちらを差し出され…

 

sox.jpg

 

これ、旦那が履きつぶした靴下たち。

 

柄が気に入っていたようで

破れたところだけ切り取って

「いつか何かに使おう」と、大事にとっていたそうなのです。

 

んーーー、なんてマメなんだ。笑

 

 

そんな旦那から

デニムにあいてしまった穴の部分に

この生地を裏からあてて縫って欲しいと頼まれたので

 

早速やってみました!

 

denim.jpg

 

どうですか?

ちょいと拡大しますと…↓↓↓

 

11.jpg

 

12.jpg

 

13.jpg

こんな感じ。

 

ミシンでカタカタ、適当に縫っただけですが

意外にかわいく変身してくれました☆

 

 

もう履けないかなぁーって思っていたモノが

こうして世界でたった一つのアレンジのもと

息を吹き返すってやっぱりステキ!

 

そして旦那もなかなかいい事言うじゃ〜ん!って、

とても嬉しかったのでした。

 

 

 

さて、こちらは

 

anakakusi.jpg

私の思いつきで

エコバッグにあいた穴に

チクチクと端切れを縫い合わせたリメイク。

(ただ縫っただけでそう呼べるのか微妙ですが…)

 

ちょっとしたひと手間で

自分だけのオリジナルへと形を変えるのって

私なんだか好きなんだよな〜

 

しばらくこのブーム、

我が家で続きそうな気配です。

あつまれーーー

| トラックバック(0)

小さなカップに入ったヨーグルトを食べていたりねん。

突然わたしに向かって

「ママーーー、あつまれしてーーーー!!」

 

???

 

何のこっちゃ?と思ったら

最後のひとくちをスプーンでかき集めてほしい、という意味でした。

 

あつまれしてーーー、って。

それ、かわい過ぎる!

 

旦那と思わず笑ってしまいました。

 

 

 

その他にもりねん語録を紹介すると

 

「あるくっく、しゅるーーーー」

(自分で歩くの意。)

 

「ちゅるちゅるめんめん、たいーーー」

(お蕎麦やパスタなど麺類全般のことを指していて

「たいーーーー」は「何かしたい」

 この場合は「食べたい」、、ってこと。)

 

 

ほんと、

いったいどこから思いつくのか

こどもの言葉って本当に面白い。

 

でもきっと

こんな可愛い言葉使うのも今だけだよね。

 

日に日にお話が上手になって

嬉しい反面、ちょっぴり寂しいのです。

 

フクザツな母親心とでも言いますか。。。

 

donatu.jpg

 子供服って

成長と共にすぐにサイズが合わなくなってしまうもの。

 

でもその服には思い出がいっぱい詰まっていたりもして、

ポイッて捨てられるものでもないんですよねーー

 

 

去年の夏、

息子くんがまだ私のお腹の中に潜んでいた頃、

その大きなお腹を抱えてcokiticaのワークショップに参加しました。

 

「子供服再生プロジェクト」という名のもと

娘の着れなくなったズボンを使って

小さな手提げカバンを作りました。

 

dm1.jpg

 

穴があいて着れなくなったそのズボンが

新しく息を吹き返し

すてきなカバンとなって手元に残った時のあの感動!!

 

それは私にとって

とても衝撃的な経験となったのでした。

 

 

そんないきさつもあって

子供連れでママたちが参加出来るワークショップを開催しようと考えた時

私も「再生」をテーマに

着れなくなった子供服を使ったものにしたいなーと思ったんです。

 

 

cokiticaのデザイナーさんにもその旨お話して

嬉しいことに快くその想いを受け入れて頂き

先日第一回目のワークショップを開催。

 

それぞれ持ち寄ってくれた小さなお洋服たちが

ママたちの手によって本当にすてきに甦りました。

 

 

思い出の服を大事に大事に使っていく

 

ものが溢れかえる時代だからこそ

大切にしたい気持ちです。

 

 
huku1.jpgそんな折、

実家の母から小包が我が家に届きました。

 

あけてみると

そこには私が幼い頃に着ていたお洋服たちが!

 

私の母は

私に着せていたお気に入りの服たちを

大事にとってくれていて、

 

りねんの成長に合わせて

こうして少しづつ送ってくれるのです。

 

たまに「これはなーー、さすがに時代が違うぞ…」と

困ってしまう代物もあるのですが(笑)

 

そういうものにはアップリケをつけたり、

私なりのアレンジを少しきかせてりねんに着せています。

 

 

写真はその送ってもらった服を着た(デニム生地のつなぎです)

ご機嫌りねんです。

 

 

 

 

お母さん、

こないだのお洋服早速着せてみたよ!

 

りねんに「ママも着てたんだよー」って話したら

ニコニコと、とっても嬉しそうだったよ。

 

また送ってきてくれてありがとうね。

次がまだあれば、楽しみに待ってまーす。

 

なまえのはじまり。

| トラックバック(0)

 「Seven to twelve」

 

ブログのタイトル名。

これ、何を意味するか分かりますか?

 

こちらでブログを始めるにあたり

タイトルを決めて欲しいとのことで色々と悩んだのですが

なかなかピンとくるものが浮かばず

旦那にどうかなーと相談したところ、

 

「Seven to twelveは?」と。

 

 

???

なにそれーーどういうこと??

尋ねると、

 

アサコが起きている時間だよ 。

アサコが活動している時間は朝の7時から夜の12時くらいでしょ?

ってことは「静」と「動」があるとしたら、その「動」の方を記録に残すってこと。

日々の「動」を抽出して

それを丁寧に書いていくってニュアンスで、このタイトルはどう?

 

 

へぇーーーーなんかステキじゃない!

そんないきさつでこのタイトルに決定しました。

 

 

私の旦那は本当にいつも

素敵なキーワードを私に与えてくれます。

 

 

ちなみに

「child at heart !」という私の活動名も

やはり名付け親は旦那なのです。

 

 

こちらは、タイトルはキャッチーに限るという旦那の考えのもと

デヴィッドリンチの「wild at heart 」という映画タイトルを拝借して

「child at heart !」

 

いつもこどもを胸に、という意味合いも兼ねて

考えてくれました。 

 

 

 

そう考えてみると

娘の名前は私と旦那のキューピットでもある

NOMAのデザイナーの佐々木夫妻に名付けてもらい、

(私の名前は漢字で麻子。

 その「麻」が英語で「LINEN」というのに由来して

 娘は里稔「りねん」と言います。)

 

 

息子の名前は義父さんが命名してくれたもの。

(旦那と義父に由来したことで

 理財「りざい」と言います。)

 

 

 

私の周りの重要な名前たちって

なんだかみんな頂きものなんです。

 

 

でも、どれもこれも

本当に気に入っていて

 

私はその与えてもらった名前たちを

大きく育てあげていく役目を担っているんだと感じています。

 

 

 

「里稔、理財」に「child at heart !」

そして新たに加わった「Seven to twelve」も

私にとってかけがえのない存在になるに違いない。

 

大事に大事に、愛情持って育てていけたらいいなーと思います。

 

 

 

rizai1.jpg

 

スリングの中にすっぽりはまる理財どん。

お腹の中に居るときのエコー写真に似ていて

思わずパチリ。 

こんにちは。

今日からこちらでブログを始めさせて頂くことになりました、

asacoと申します。

 

 

初回なので

少しだけ自己紹介。

 

職業はモデルです。

そして2児の母もしています。

 

22ヶ月の娘に

3ヶ月の息子くん。

 

とっても賑やかな4人家族です。

 

 

さて、そんな私ですが

上の子を出産後、色々と育児に悩み

その解決方法がなかなか見いだせなかったことがあったんです。

 

私と同じようなママたち、

一人で塞ぎ込んでしまっているママたち、

きっとたくさん居るんじゃないかなーと思い

始めたのが「child at heart!」という活動。

 

私が育児で経験したことをもとに

ママ向けに通信を作って希望者に発送したり

子供連れで参加出来るワークショップを開催したり、、

 

そんな活動も最近スタートさせました。

 

 

それに加えて

今回新しくMilKブログという

素晴らしい発信の場を与えて頂けたのは

本当に本当に喜ばしいこと。

 

母として、私が日々思うこと感じることを

こちらでのんびりと綴っていけたらなーと思っています。

 

それでは

これからどうぞ宜しくお願い致します!!!

 

 

 

hagaki.jpg

 

PAGE TOP